上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人の携帯ケースを作りました。
今年最後の作品になると思います。
携帯ケース

バイヤステープはどこかのショップのおまけでいただいたものです。
携帯ケースopen

今年は結構頑張っていろんなものを作りました。
来年もマイペースで作っていきたいと思います

スポンサーサイト

友人にお祝いの品を頼まれて実用的なものを作りました。

ティッシュBOXケースとアームカバーです。
こちらの布はCRAFT PUKUで購入
裏がドット柄になっていて両面使えるので結構気に入ってます
ティッシュケース他

長いタイプのアームカバーです。
ミッキー柄のようなハーフリネンの布はHARUで購入。
アームカバー

こちらはウォールポケットです。
封筒とハガキを整理するのに便利です。
私の部屋にもかけてありますが大活躍です。
ウォールポケット

5296 

 コブクロのがリリースされました。
タイトルは『5296』
早速聴きましたがいいです
タイトルの由来・・・『5296』=コブクロであること。
小渕さん、黒田さんが52年生まれであり、デビューして9年、
そして6枚目のアルバム。という意味も込められているそうです。

このシンプルなジャケットは自分を映す鏡
という意味が込められているそうです。
鏡とまではいきませんがけっこうキレイに映るんです。
恥ずかしくない自分でいなければいけないってことですね

 収録曲  

01: 蒼く 優しく 
作詞:小渕健太郎 / 作曲:小渕健太郎       

02: コイン 
作詞:小渕健太郎 / 作曲:小渕健太郎 

03: 蕾
作詞:小渕健太郎 / 作曲:小渕健太郎

04: どんな空でも
作詞:小渕健太郎 / 作曲:小渕健太郎

05: 君という名の翼
作詞:小渕健太郎 / 作曲:小渕健太郎

06: WHITE DAYS
作詞:小渕健太郎 / 作曲:小渕健太郎

07: 君色
作詞:小渕健太郎 / 作曲:小渕健太郎

08: 水面の蝶
作詞:小渕健太郎 / 作曲:小渕健太郎

09: 風の中を
作詞:黒田俊介 / 作曲:小渕健太郎

10: 月光
作詞:黒田俊介 / 作曲:黒田俊介

11: 風見鶏
作詞:小渕健太郎 / 作曲:小渕健太郎

12: Diary
作詞:小渕健太郎 / 作曲:小渕健太郎

13: Fragile mind
作詞:小渕健太郎 / 作曲:小渕健太郎

本日、第2回目タリーズコーヒースクールに参加しました。
前回は家庭でおいしいコーヒーを入れる方法や
アレンジコーヒーの作り方などを勉強しました。

今回は少しグレードアップして、コーヒーの産地による味の違いや
ミニ知識、お菓子の合わせ方などを教えていただきました。
利きコーヒーは簡単かと思ってましたが意外に難しいものでした
自分の好みの味を探してみたいなーと思いました。

おみや
本日のおみやです。
コーヒー(モカジャバ)とマグカップ、メジャースプーンです

リバーシブルのランチョンマット
表は綿麻の布で裏面はリネン。シンプルな生地なので
atelier bee のスタンプを押してみました。
ランチョンマット

マットとおそろいのコースターです。
右下のコースターのように裏面にスタンプが押してあります。
コースター

友人より「結婚する友達へのプレゼント」を依頼され
実用的なキッチン雑貨を作りました。
結婚する友達は私も知っている女の子なので
結構気合い入れて作りました

まずはエプロン
アイロンをかけてないように見えますがシワ加工の生地なのです
エプロン

おそろいでアームカバーも作りました。
胸元のタグは偶然にもmberryさんの携帯ケースに
ついているタグと同じでビックリしました
エプロンとアームカバー

裏のバイヤステープはtiny-angelicaで購入
既製品はあまり使わないのですが、買い置きのものを
使ってみたところすごく楽でした
ポケット口にはみーママさんにいただいたレースを使用。
イニシャルとエッフェル塔のゴムスタンプを押してみました。
ズーム

hrk80あらためあびぃ2007です
あとりえびぃの略です。
今後ともよろしく

同じ型紙でカットソーを2枚作りました。

こちらはCOSMOで購入
とてもやわらかく顔をスリスリしたい感じです
サーモンピンクの接結ニットで、清楚に仕上げてみました
カットソー P

接結ニット

こちらの布はCRAFT PUKUで購入
やわらかくちょうどいい厚さの天竺ニットです。
子供服のブランドロゴが入っています。
Gパンでも合わせられるカジュアルなカットソーが
欲しかったので、シンプルに仕上げました。
天竺ニット

天竺ニット マクロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。